オンライン講座
「もっとほめ達!」

ほめる達人 後藤夫婦

摩擦が起きても崩れない!
安心の関係を築き続ける学び
それが「ほめ達!」


オンライン講座

(Zoom)

もっとほめ達

【摩擦が起きても崩れない!
  安心の関係を築き続ける学び】

誰もが「他人と自分は絶望的に違う」ということを知っています。
しかし、実際に相手と考え方や見方が違うと戸惑う
ときには相手と摩擦が起きることもありますね。
人はそれぞれ違うのですから家庭や職場で摩擦が起きるのは自然なことだと言えます。

ただ、この摩擦によって関係が崩れてしまうのはやりきれないですよね。
とはいえ、摩擦を避けるために言いたい事を我慢することもきついことです。

では、相手に言いたいことを言えて、摩擦が起きても崩れることがない関係を築けることができるとしたら、学んでみたいと思いませんか?
「ほめ達!」は
【摩擦が起きても崩れない!
    安心の関係を築き続ける】

学びなのです。

お申し込みのご案内


よくある質問

  • Q
    ほめ達!のほめると一般的なほめるには違いがありますか?
    A
    一般的なほめるは、「優れた人」をほめ称えます。
    ほめ達!のほめるは普段ほめていない人、ほめられることが少ない人(目立たない縁の下の力持ちのような役割の人)ほめるところが無いように見える人(嫌いな人、いい所が見つけられそうもない人)に光をあててほめていきます。
  • Q
    ほめると相手が調子に乗る、おべんちゃらを言うことではないか?
    A
    正しいほめ方をしないと「おべんちゃら」や「おだてられた」というふうになってしまいます。
    「ほめる」と「おべんちゃら」の違いは「事実」があるか無いかなのです。
    確かに、ほめっぱなしにしていると相手が調子に乗ってしまうことがあります。
    その場合はスモールステップが必要です。
  • Q
    ほめ達は叱らないのか? 叱ることや厳しさも必要ではないのか?
    A
    ほめ達も叱ります。厳しさも必要です。
    大切なことはほめた後、叱った後、その相手にどうなって欲しいのか。
    言葉の裏側にどのような気持ちで叱るのかが大切です。
  • Q
    ほめると相手が調子に乗る、おべんちゃらを言うことではないか?
    A
    正しいほめ方をしないと「おべんちゃら」や「おだてられた」というふうになってしまいます。
    「ほめる」と「おべんちゃら」の違いは「事実」があるか無いかなのです。
    確かに、ほめっぱなしにしていると相手が調子に乗ってしまうことがあります。
    その場合はスモールステップが必要です。

このセミナーに参加することで得られるメリット

メリット
正しい”ほめる”が分かります
ほめ達の「ほめる」とは人・モノ・出来事の価値発見なのです。例えば一般的な「ほめる」は優れている人をほめ称える。ほめ達は普段ほめていない人、ほめにくい人にも光をあてて今まで見えていなかったその人の良さを発見して伝えることなのです。
メリット
チーム力をぐっとアップさせる方法がわかります。
自分と他人は絶望的なほど「違い」があります。
相手の考え方、やり方の中に価値を発見する。
「違い」を力に出来ると何倍もチーム力が上がります。
そのためには何が必要か?
先ずは。相手を認める。それが風通しの良い雰囲気を作ります。
メリット
自分の心に余裕ができます。
「ほめる」ことのいちばんの効果は自分の心が整うことです。「ほめる」とは、認めること。
相手を認めることは自分を認めることにつながります。自分のあるがままを認めることで、心に余裕ができます。
メリット
チーム力をぐっとアップさせる方法がわかります。
自分と他人は絶望的なほど「違い」があります。
相手の考え方、やり方の中に価値を発見する。
「違い」を力に出来ると何倍もチーム力が上がります。
そのためには何が必要か?
先ずは。相手を認める。それが風通しの良い雰囲気を作ります。

「もっとほめ達!」講座(オンライン)の風景

輝く笑顔!!
自分の未熟なところを知っている
だから意識し続ける
だから実践し続ける
それが私たちの伝える
”達人”なのです

受講された方の声

自分が変わることで人間関係は深まる

相手は変わらない、自分が変わる!をモットーに。相手との違いを見つけて、そこもプラスに考える。そんな思考をもてたことで人間関係が深まるかなーと思います。
VOICE

まだまだ気付いていないことがある

長い時間生きて、気が付いていないことがまだまだあるんだと実感できた。
この話は、もっとたくさんの人が聞けば、きっと良い空間がたくさん広がるんだろうなと感じた。
VOICE

ほめたら好きになれるのかもと気付いた

自分は日頃、どんな人をほめているのかな?と考えると、好きな人はほめているな~と。
もしかしたら、ほめていたら(相手のことを)好きになれるのかもと気付きました。
VOICE

迷いながらも学び、実践していきたい

沢山の迷い「自分は今、この働き方で現場の役に立てているのだろうか?」という気持ちの中、働いていましたが、このセミナーで「自分の価値」を発見することができました。これからも沢山の迷いは出てくると思うので、機会を見付けて「ほめ達」とつながっていきたいです。ありがとうございました。
VOICE

日常からできることをやっていきたい

とても楽しいセミナーでした!色々な体験談などを聞けて、とても良い学びになりました。日常から出来るたくさんの”ほめる”を実践してほめ達になれるといいなと思いました。
まずはささいな出来事に感謝の気持ちを持って「ありがとう」を伝えていきたいです。
本日はありがとうございました。とても温かな気持ちになりました。
VOICE

まだまだ気付いていないことがある

長い時間生きて、気が付いていないことがまだまだあるんだと実感できた。
この話は、もっとたくさんの人が聞けば、きっと良い空間がたくさん広がるんだろうなと感じた。
VOICE

はじめてZOOMアプリを使用する方へ
アプリインストールから受講の流れまでを動画で説明しています
*スマホ(Android)使用

オンラインでの確認事項

  • Wi-Fi環境が整っている
  • 充電が可能な環境
    (スマートフォン・iPhoneなどの場合100分前後でバッテリー切れとなるケースが多いようです)
  • Zoomアプリを事前にダウンロード
  • 受講者様がお一人で静かに聴ける環境であること
  • 講義中に機器についての詳しい説明は致しかねます。
  • 充電が可能な環境
    (スマートフォン・iPhoneなどの場合100分前後でバッテリー切れとなるケースが多いようです)

後藤夫婦プロフィール

後藤 真寿美(ゴトウ マスミ)
(一社)日本ほめる達人協会 特別認定講師
興味のあること好きなこと 脳科学 70年代少女漫画 80年・90年代宝塚歌劇
自分の名言 笑顔の人生は自分次第
人生のターニングポイント パワハラ問題、家族との別れ、結婚、ほめ達
言われてうれしいほめ言葉 笑顔に元気をもらいました
ピンチの時に心に思う言葉 なんとかなる!
役職・職歴 (一社)麗らか 代表理事
 看護師・認定心理士
みなさんへのメッセージ 「命とは時間です」
これは聖路加国際病院の名誉院長だった
日野原重明さんの言葉です

自分の時間、周りの人の時間が
どのくらい残されているのか
誰にも分かりません

だからこそ
一人でも多くの方が自分の可能性を信じて
元気に笑顔で過ごせることを願っています
現況 現在は父と同居し家族4人で暮らしています
自分の名言 笑顔の人生は自分次第
後藤 利一(ゴトウ トシカズ)
(一社)日本ほめる達人協会 特別認定講師
興味のあること好きなこと スポーツ 昆虫 猫 書類作成 コーヒー(1日5杯以上)
大掃除 逆転人生 仮面ライダー ウルトラマン
自分に名言 相手の評価の仕方が自分の評価となる
人生のターニングポイント 親子大ゲンカ、受験、労働裁判、婚活、ほめ達
ピンチの時に心に思う言葉 これはどんなネタにできるだろう?
役職・職歴 (一社)麗らか 理事
元学習塾講師・経営者
みなさんへのメッセージ ほめ達でなくてもいい
自分の言葉で自信を持って語ることが出来る
自分勝手でなく誰もが認める腹落ちできる
そんな学び・生き方を見つけてほしい

そして、いつもこんな人になれたらと思っています
家庭でも職場でも変わらず信頼出来る人
震えながらも一歩を踏み出せる人
最後まで信じ切れる人  
何かで負けても自分にまけない人
陰に徹する人のために動く人
現況 現在は親と同居の家族4人暮らしです
自分に名言 相手の評価の仕方が自分の評価となる

クレジット決済の方

もっと「ほめ達!」

5カ月連続講座
長期間実践をくり返しながら、「ほめ達!」を学びます
ほめ達!の一番重要なポイントは、
「実践」です。

この実践+フィードバックを繰り返すことによって、しっかり理解し腹落ちできるのです。
  • 販売価格
  • 30,000円
  • (税込)

お振込みの方

下記のフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。
ご入金が確認でき次第、こちらからご連絡を差し上げます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

お問合せ先

一般社団法人麗らか

          電話① 0977-77-3216(FAX同じ)
          電話➁ 070-8986-1136